カムカム スーパーフード 効果 効能

スーパーフード『カムカム』について

スーパーフードのカムカムについてご紹介します。

 

カムカムは、アマゾン川流域の熱帯雨林に自生する植物です。サクランボのような赤紫色の果実にはビタミンCが豊富に含まれており、お菓子やアイスクリーム、デザートによく使われていますね。

 

カムカム画像

 

レモンの60倍以上のビタミンC

地球上の植物の中で、もっともビタミンCの含有量が高いと言われているのがカムカムです。レモンと比べても約60倍以上で、スーパーフルーツ、ミラクルフルーツとも呼ばれているほどです。

 

カムカムの果実は成熟する前は緑色で、果肉の直径は1〜2センチと小粒で、完熟すると赤紫色に変わります。果皮には、抗酸化作用が期待されるポリフェノールが豊富に含まれています。

 

カムカムの効果・効能

アマゾンでは、カムカムジュースは女性の美肌ドリンクとして愛飲されています。ビタミンCとポリフェノールが豊富に含まれているので、お肌のアンチエイジングを目指す方に最適ですね。

 

クエン酸がたっぷり含まれていて、疲労回復・ストレス解消にもおすすめです。

 

カムカムの主な食べ方

ビタミンCがたっぷり含まれている分、酸味がかなり強いので果実をそのまま食するよりは、ジュースとして飲むのが一般的です。お砂糖やオリゴ糖、はちみつなどの甘味料を加えて飲むと良いでしょう。
ちなみに市販の美容サプリメントには、カムカムが含まれたものもあります。




 Sponsored Link