グリーンコーヒーとは 効果 飲み方

グリーンコーヒーとは?

コーヒーが好きな方なら、グリーンコーヒーについてご存知ではないでしょうか。

 

コーヒー専門店で販売されているコーヒー豆はこげ茶色ですが、これは生豆を焙煎したものです。グリーンコーヒーとは、まだ焙煎されていないコーヒー豆のことを指します。

 

グリーンコーヒーは、焙煎したコーヒー豆よりもカフェインの含有量が少ないのが特徴的です。

 

グリーンコーヒー画像

 

グリーンコーヒーの栄養素

グリーンコーヒーは、フィトケミカルやクロロゲンと呼ばれる成分が豊富に含まれています。

 

クロロゲンは抗酸化作用を持つとされるポリフェノールの一種です。クロロゲンは、熱に弱い性質がありますので、コーヒーを焙煎する時に深炒りよりは浅炒りのほうが多く残ります。グリーンコーヒーは、焙煎前の生豆ですから、クロロゲンの含有量が最も高くなっています。

 

グリーンコーヒーの効果・効能

グリーンコーヒーは、クロロゲンの持つ抗酸化作用により、女性の美肌作りに健康維持に、ダイエットにも良いと言われています。クロロゲンには体内の脂肪を分解する作用や、お肌のシミを防ぐ作用が期待されています。

 

グリーンコーヒーの食べ方・飲み方

グリーンコーヒーは生豆ですから、豆自体をそのまま食することはなく、健康食品店では粉末タイプのものが販売されています。

 

フィトケミカルやクロロゲンはコーヒー豆を焙煎することで減少しますが、グリーンコーヒーにはこれらの成分が豊富に含まれています。パンやホットケーキ、クッキーの生地に入れたり、はちみつなどの甘味料を入れて熱湯を入れてホットドリンクにして飲むと良いでしょう。




 Sponsored Link