チャーガ茶 癌 効能 効果 飲み方

チャーガ(チャーガ茶)とは?

今、スーパーフードとして注目されているチャーガチャーガ茶)についてご紹介しましょう。チャーガとは、冬の厳しい寒さに耐えて成長する白樺に寄生するキノコ類のことを言い、ロシアでは古い昔から民間薬として用いられてきました。

 

現地では、チャーガのことを「森のダイヤモンド」「幻のキノコ」と呼ばれているほどで古くから珍重されてきました。チャーガは、別名カバノアナタケとも言い、漢字では樺孔茸、または樺穴茸とも書きます。

 

スーパーフード チャーガ茶

 

栄養成分について

これまできのこ類の仲間で健康食品として販売されたいたものには、アガリクス茸や霊芝(レイシ)などがありました。これらの食材とチャーガについて共通点をあげると、β-グルカンが豊富に含まれていることです。

 

チャーガの体長が10〜20センチに成長するまでには、10年以上もの長い年月がかかると言われており、白樺の樹木に寄生して樹液を養分にして、最後には白樺を枯らすほどの強い生命力があります。β-グルカンの他にも、サポニンやミネラルがたっぷりと含まれています。

 

チャーガの効能・癌への効果など

チャーガ(チャーガ茶)は、長い年月をかけて成長するキノコで、ロシアなどの寒冷地では希少価値の高い食材とされています。チャーガが寄生する白樺の木には、抗がん作用が期待されるベツリン酸と呼ばれる成分が含まれており、これらの栄養素をチャーガはたっぷりと吸収します。

 

チャーガには、免疫力向上、アンチエイジング、血栓性の病気を防ぐ、血糖値の調節などの効果が期待されると言われています。

 

チャーガ茶の飲み方

チャーガは、栄養補助食品というよりは、健康強化食品として食されており、料理に使うことはほとんどなく、煎じ薬やお茶として販売されています。チャーガ茶に熱湯を注いで飲むのが一般的です。




 Sponsored Link