マヌカハニー 花粉症 効果 食べ方

マヌカハニーとは?

マヌカハニーとは、ニュージーランドに自生するフトモモ科の常緑低木、マヌカの木から採取されるハチミツのことを言います。ニュージーランドでは、古い時代より民間薬として用いられており、「奇跡のハチミツ」とも呼ばれているほどです。女性向け雑誌やテレビ番組でスーパーフードとして紹介されて以来、マヌカハニーは静かなブームを呼んでいます

 

マヌカハニー画像

 

栄養素について

市販のはちみつとマヌカハニー、いずれも抗菌、殺菌作用が強いと言われていますが、食物メチルグリオキサールと呼ばれる天然の抗生物質はマヌカハニーのみに含まれている抗菌成分です。
この他にビタミンB群、葉酸、パントテン酸、ビタミンKなどの10種類ものビタミン、カルシウム、カリウム、マンガン、鉄、カルシウムなど健康維持に必要不可欠とされるミネラルはほとんど含まれています。

 

マヌカハニーは花粉症にも効果的

マヌカハニーは「食べるスキンケア製品」とも呼ばれているほど、女性の美肌作りに最適な食材です。甘味料として使うことはもちろん、お肌に塗ることで皮下細胞に吸収されて、肌荒れのケアにもおすすめです。

 

花粉症にも効果があります。マヌカハニーの抗菌・殺菌作用によって胃腸が強くなることで、免疫力が向上し花粉症を改善してくれるといいます。

 

マヌカハニーの糖質は、ブドウ糖と果糖なので、摂取しても体内で脂肪がつきにくく、カリウムが豊富に含まれているので体内の塩分を排出させる作用が期待されており、高血圧が気になる方の健康食品として適しています。

 

マヌカハニーの主な食べ方

市販のはちみつのようにとろみがある液体で、コーヒーや紅茶のお砂糖代わりに、ヨーグルトやアイスクリームのトッピングとしてお使いいただくと良いでしょう。
また、のどの痛みを改善するのに、そのままなめて食べると良いでしょう。レモン果汁とマヌカハニーとお湯で、おいしいレモネードが出来ます。

 

 

下のページではマヌカハニーの選び方について詳しく掲載されています。




 Sponsored Link