ココナッツオイル スーパーフード 効能 食べ方

ココナッツオイルの効能や食べ方について

ココナッツオイルとは、ヤシ油とも言い、自然の植物のココヤシ(ココナッツ)から抽出されたオイル成分のことを言います。

 

ココナッツは、インドネシアやフィリピン、インド、ブラジル、メキシコなど気温が高い国々で自然栽培されており、生命力の強い植物です。近年は、海外のセレブや人気モデルにココナッツオイルの愛用者が増えていることから、ファッション雑誌でも話題になり、今や女性の美肌と健康をサポートするスーパーフードとしても知られるようになりました。

 

ココナッツオイル画像

 

成分は中鎖脂肪酸やラウリン酸など

ココナッツオイルが健康に良いと言われる理由は、ビタミンEや中鎖脂肪酸の一種であるラウリン酸、鉄分やビタミンKなどの栄養素が豊富に含まれているからです。

 

中鎖脂肪酸についてはあまりなじみのない方も多いと思います。一般の食用油は長鎖脂肪酸に分類されており、体内への吸収と分解のスピードが緩やかなのに対して、ココナッツオイルの中鎖脂肪酸は、摂取してから体内ですばやく吸収・分解されるため、エネルギー源となり、体に残りにくいと言われています。

 

ココナッツオイルの効果・効能

ココナッツオイルには、女性にうれしい美容成分が豊富に含まれているので、美肌・美白肌を目指す方におすすめです。

 

また、中鎖脂肪酸の作用により、脂肪分が体内に蓄積されにくいことから、ダイエットをサポートする食材でもあります。

 

ココナッツオイルの食べ方

ココナッツオイルは、コーヒーや紅茶に入れて飲むと香りがとても良くなります。
食事に使う場合は、カレーやシチュー、スープに入れてお召し上がりいただくと良いでしょう。

 

このほか、ココナッツオイルを使ったレシピに関しては以下のサイトに詳しく掲載していますでの、よかったらご覧ください。

ココナッツオイルの使い方




 Sponsored Link